1. HOME
  2. ブログ
  3. 仕事が飛躍的に成功するコミュニケーション②

仕事が飛躍的に成功するコミュニケーション②

前回に続き、ビジネス上の重要テーマであるコミュニケーションについて、カーネギーの「人を動かす」について解説をしていきたいと思います。
普通の人は自分が間違いをしても正当化したい思う人が大半です。だから相手に対して愛情をもって接することが、問題を解決する唯一の方法となります。

人間は、論理的な面はもちろんありますが、それと同時に感情的な面もあります。従って、感情面が強い人の場合は、論理的に間違いを指摘しても、こちらが望む結果になる可能性は低いわけです。
そこで、フランクリンの成功の秘訣である「人の悪口を言わず、長所をほめる」ことを実行することが一番良い方法となります。

二つ目は、相手の人が自分で行動したくなる話し方をすることになります。それは、相手が望むものをこちらが提供できるかどうかが問題となります。その望むものとは、他人に認めてもらい自分が重要な人物であることを確認したいのです。

どうしても、我々は相手の欠点や問題点がすぐに目につきやすいため、その点を直そうとします。しかし、そうすると相手は感情の動物である面が現れて、素直に意見を聞こうとしないものです。そこで、反対に相手の長所を見つけてその点を指摘、賞賛しどんどんと伸ばしていく言葉がけをするわけです。
また、普段は相手の行動を当たり前ととらえていますが、その行動が有り難い事ととらえると感謝の言葉でてくるようになります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

カテゴリー