ISO14001内部監査員研修のご案内

内部監査とは?

内部監査と聞くと、かなり堅苦しい感じがしますが、一言で言うと「社員が一丸となって会社を良くする」イベントです!

企業には、それぞれ守らなければいけないルールや、自分たちで決めた約束事があります。

全ての社員がそのルールを理解していたり、常に会社全体でそれらのルールを守り続けていたりすれば問題無いのですが、そうは行かない様です。

人によりルールが変化してしまったり、過去の約束事がいつの間にか忘れられてしまったりすることが考えられます。

その為の予防策として、それらを未然に防いだり、今までの仕事のやり方を見直したりするのが『内部監査の役割』なのです。

どんな業種でも、内部監査を実施することで、自分達の会社を自分たちで良くすることが出来るツールとも言えます。

ISO14001とは?

国際規格のISOで定められた環境に関する活動を行うマネジメントシステムです。様々な事業活動をする上では、環境及ぼす影響がどの程度あるのか、また、どんな種類の影響があるのかを予め確認しておく必要があります。

その中で、影響の大きい活動について、何を気をつければ良いのかなど、自分達の会社に合わせた環境への取り組みを決めるのが「ISO14001」の活動です。

 

内部監査員研修とは?

今回の内部監査員研修では、既にISO14001を取得している会社や、これからISO14001の取得を目指している会社の方が対象です。

ISO14001の取得により、大手企業との取引を優位に進めたり、行政からの発注案件の入札に参加できる幅が広がったりすることが考えられます。

それらのやる気のある会社が、更に自分達の手で、自分達の会社を良くする方法やコツを学ぶことができます。

 

ISOを取らなくても内部監査は出来る

最後に、ISOは9001(品質)・14001(環境)・27001(情報セキュリティ)・22000(食品安全)など、各分野の国際規格となっていますが、内部監査だけを考えると、ISOを取得していない会社や施設などでも、内部監査で会社をよくすることは可能です。

次回はそんな事例を紹介したいと思います。