<うまくいってる人の考え方>40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て

株式会社マネジメントセンター

コンサルタント 永井 敦子

 

こんな言葉を聞いたことはありませんか?
「40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」
第16代のアメリカ大統領:エイブラハム・リンカーンの言葉です。

 

40歳を過ぎたら人生の半分が過ぎ、生き方そのものが外見ににじみ出る年齢でしょう。
人はどんな言葉を使うかで表情が変わると言われています。だからこそ、自分の顔に責任を持つというわけです。人の内面は必ずと言っていいほど外見に反映されるものです。

 

【40歳からは「性格」が顔を作る】

若い頃は誰でも肌にツヤがあり、見た目で良いとかそうでもないとか、はかる事もあるかと思います。年齢を重ねていくと、シワの出方、頬のたるみ、シミの場所などその人の生きてきた軌跡が表れます。
 例えば、眉間にシワをよせていたら、近寄り難く自然と人を遠ざけてしまいます。
また、笑った時の目じりのシワは、温かさを感じます。こうして顔は表情筋のクセで定着します。40歳を過ぎて素敵な表情でいたいものです。

 

・顔は、性格が表れる部分です。そして品格は口元に表れます。
常に人のことを思いやる気持ちがあるのか、反対に人の悪口を言ったり、少々意地の悪い
気持ちがあるのかは「顔」に表れます。
そして、プラスの言葉を発する人は魅力的に、マイナスの言葉を発する人には負の連鎖で不幸な出来事が起きてしまうと言われています。

 

・「表情」で性格を変えることができる
(アメリカの心理学者トムキンスの言葉)
「人は、楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる」
脳と表情筋と感情は常に連携しているので、良い表情を心がけることで感情も穏やかになることができるという訳です。
人の事を悪く思っている時に口角を上げる事は難しいです。人を褒めている時や美しいものを見ている時、自分では気が付かないかもしれませんが人の表情は安らぎ自然と美しくなります。
口角を上げる事、できれば一緒に姿勢を正す事を無意識に定着できるまで、意識していくことで印象は変わります。

“うまくいっている人”は、プラスの言葉を発し、前向きな考えで行動をしている人たちばかりです。

今の自分を少しでも変えたいと望んでいる方は、表情、発する言葉を少しずつ意識することで変えることができます。
当社でも、仕事に対する姿勢や、人と円滑にコミュニケーションがとれる研修などを実施しております。興味のある方は、気軽にお問い合わせをいただけたら幸いです。