デイサービス長者ケ谷津温泉館の開設 (松本 幸雄)

㈱マネジメントセンター 松本 幸雄

最強の長生きを目指して

医学博士で現役医師の松原 英多先生の著書「最強の長生き」を読んで大きな衝撃を受けました。これからは、百歳まで健康に働くことが可能であると書いてあったのです。そのためには、「勇気と工夫」があれば誰でも可能との事でした。

 それを読んで感じたことは、私がいつも思っている、「生涯現役」を貫き通す事が現実味を帯びてきた事です。私自身が現在の「経営コンサルタント」と「介護事業」の両方の経営をしている状態を死ぬ直前まで続けたいと思っていましたので、まさしくそれにぴったりの本だと思いました。その「最強の長生き」の秘訣は以下のとおりです。

(1)長寿は勇気と工夫の証拠

評価ある仕事が長生きの最高の条件

長寿は努力の末に獲得するもの

細胞の寿命には、栄養と老廃物排泄が重要で、全て血行が関係している

百歳まで健康に働く

長生きしたいと言えば、脳はその気になる

 

(2)年齢なんて不詳で良い

長寿は生活環境の向上にある

服装を変えると若返る

仕事量も若いときと同じ量をこなす

見かけヤングが寿命を延ばすコツ(背筋を伸ばす、若い服装をする)

 

(3)何事も実行と継続

小さな運動も継続すると効果がでる

力の根源は筋肉、下半身は上半身より衰える

 

(4)5つの力を鍛え直せ

立つ力、歩く力、握る力、噛む力、話す力

座っている時間が長いほど寿命は短くなる

歩く速度は速めると血圧が低くなる

イチニ、イチニと号令をかけて早く歩く

インターバル歩行で10歳若返る(速歩と通常歩行)

握る力を高めると寿命が延びる

話す力を鍛える

口をしっかりと閉じると脳が覚醒する

荒い言葉は荒い脳を作り、優しい言葉は優しい脳を作る

音読は効果的、歌を歌うのも効果的

噛む力こそ唯一無二の生き延びる方法

良く噛むと,記憶力が向上、自律神経のバランス向上、免疫力の向上、認知症発症リスクの低下

一食一品だけ固めの食品を組み込む

一食あたり1500回の咀嚼が効果的

良く噛めば免疫力が高まり、老化が防げる

歯欠損を放置すれば、寿命は縮まる

良く噛めば、視力・聴力が向上、顔面マッサージ

 

(5)動く体に寝たきり老人なし

小さな痛みでも直ちに消さないと意欲が低減する

廃用症候群を防ぐには、多少の痛みでも体を動かす

 

(6)栄養を豊富にして長寿命

食欲は体力の元、食事は肉中心の食事が必要

真の長寿食は、粗食でなくバランスの取れた食事

幅広い栄養素は、あれも食べるこれも食べる

 

(7)仕事のための余力を惜しむな

長寿の妙薬は、活発な仕事

仕事・行動には評価が有効(褒め言葉、報酬、感謝、名誉など)

徳島県上勝町(かみかつちょう)は葉っぱビジネスで大盛況

80歳超えた高齢者がパソコンいじり、葉っぱをとって、健康とお金をゲット

 

(8)100歳まで完璧な脳でいる為に

脳内の血液循環量を増やせ・・良い畑状態にする

豊富なブドウ糖と酸素量の補給が必須

咀嚼回数を増やすと脳の血液循環量は増加する

食事回数は二回より三回にすると脳は活性化する

朝食をしっかり食べることが、脳のブドウ糖補給に重要

早寝・早起きの正しい生活リズムが長寿への道

視線を正しく前方に向け自然体(体重を軽くつま先に移動)で立つ

正しい姿勢で深呼吸し、大量の酸素を取り込む

老いの最大の防止策は、夢と希望と意欲である。

笑顔で毎日に感謝し、自分以外の人に喜んでもらう事をする

 

介護施設で最強の長生きを実践する

(1)専門家の開発技法を採用

上記の最強の長生きをデイサービスで、高齢者の方に実践し健康で楽しく長生きできる人を多く作りたいと思いました。合わせて、職場で働く介護職員自身もこれから百歳現役を目指していつまでも楽しい職場で働けるようになって欲しいと思いました。

松原先生以外にも、脳と身体の専門家の医師や大学教授(東北大学 川島隆太先生)の開発した「若返り」の方法を使ってどんどん老化に対抗しようと思いました。

その夢を実現するためのデイサービスが2018年9月3日からひたちなか市にオープンする「長者ケ谷津温泉館」です。脳と身体は高齢化するほど使わなくなるのです。だから益々老化が進んでしまいます。そこで、定期的・継続的に脳と身体を使って機能向上を目指していくのです。私も筋肉トレーニングとジョギングを開始して1年程度で体力年齢が-20歳(60歳代から40歳代)まで若返りました。

 

(2)笑顔の採用

  脳と身体を鍛える事は、若返りの秘訣ですが、トレーニングジムのように行うだけでは、高齢者には歓迎されません。そこで、それを楽しく笑顔を実施するようにしたいと考えました。その一環で行うのが「笑いヨガ」の採用です。人間は、いつもいつも楽しい時ばかりではありません。しかし、笑顔になることで、心が楽しくなるのです。心のコントロールは難しいですが、身体をコントロールすることは心より簡単です。

「笑顔→楽しい気持ち→幸せを感じる→長生きする」

以上の連鎖を作り、楽しい気持ちで毎日のレクレーションを行うことが大切だと思います。