<ビジョン達成型人事評価制度導入事例ご紹介>介護老人保健施設マカベシルバートピア様

ビジョン達成型人事評価制度導入

“筑波山の大自然に囲まれた心と心のふれあう施設“

 

医療法人昭徳会 介護老人保健施設マカベシルバートピア様では、ビジョン達成型人事評価制度と、「茨城県福祉人材確保・定着バックアップ事業(複数事業所連携事業)」を活用した合同研修会のお手伝いをさせていただいています。今回、総務部長の齋藤様に突撃インタビュー!!(文:マネジメントセンター 永井 敦子)

【介護老人保健施設マカベシルバートピア】

設置主体:医療法人昭徳会

所在地:〒300-4415 茨城県桜川市真壁町東山田1945

電話番号:0296-54-2800 / FAX:0296-54-2801

 

 

ビジョン達成型人事評価制度について

Q.ビジョン達成型人事評価制度を取り入れようと思った理由は何ですか?

A.今までの評価システムは評価の項目がアバウトすぎていたため、個人に合った評価が出来ていませんでした。評価基準があいまいで相対評価になったり、評価者の価値観によって評価が左右されてしまったりで限界を感じていました。

Q.ビジョン達成型人事評価制度を取り入れてどのように変わりましたか?

A.各部門ごとに目標を設定することから、自分たちで話し合いを重ね計画・実行・フィードバックすることで業務改善の取組み姿勢が変わりました。目標と計画を「見える化」することで部門内での共有ができ、その実績が評価のあらゆるチェックポイントに関係していくようになりました。

Q.大変だったところはありますか?

A.自己評価するにあたり、やり方やそれぞれの評価基準の説明に時間がかかったことです。

 

合同研修会について

Q.地域の他介護事業所様と一緒に研修をすることで何か変化はありましたか?

A.最初はお互いに話しづらい様子が伺えましたが、回数を重ねるに連れて積極的な意見交換ができるようになりました。職場内でも自分達だけが大変であるという認識が変わり、愚痴が少なくなりました。

Q.職員の方の反応はいかがでしょうか?

A.各事業所の皆さん、慣れない環境のため最初は戸惑っていましたがディスカッションを重ねるうちに徐々に打ち解けてお互いの施設の話をするようになりました。

 

【玄関ロビーにあるフォトムービー】 ゆったりした音楽が流れます♪

 

 

利用者様にはもちろんですが、面会に来られたご家族も利用者様のとても楽しそうな、普段なかなか見られない表情が見られると大好評です。映像を見ているだけで楽しくなります。

職員の皆さんの優しさがあふれ、利用者様との信頼関係を感じることができます。

 

Q.今後どのような施設にしていきたいですか

A.個々の能力向上と共に、自分たちに何が求められているかを意識しながら考えや行動を「見える化」し、目的を共有した組織にしていきたいです。

 

今回、業務中のお忙しい時間にも関わらず、齋藤部長をはじめ、皆さんにご協力をいただきました。

ご利用者様はもちろんのこと、他施設の職員の方や、ご近所の方、どんな方に対しても

温かい対応ができるマカベシルバートピアの皆様を今後も応援していきたいです!!