1. HOME
  2. 特集
  3. 今注目!360度評価とは

SPECIAL

特集

今注目!360度評価とは

これまで見えなかった人物像を浮き彫りにするシステム

360度評価とは、1人の従業員の人事考課を直属の上司だけでなく、対象者自身、同僚、部下、他部署上司、取引先など、関係のある複数人で行うものです。一般的な人事評価の場合、直属の上司が評価者となるケースが多いですが、対象者との距離が遠い(物理的要因)、対象者の人数が多く目が行き渡らない(管理的要因)、評価者の経験が浅い(職務的要因)などによって公平な評価が出来ず、対象者からの満足が得られない状況も見られます。立場が違う複数の人間からの多面的な視点によって、これまで把握しきれなかった能力、成果を拾い上げることが出来るのが360度評価です。

メリットとデメリット

前述の通り、立場の違う複数の人間からの視点を通すことで上長がこれまで把握しきれなかった人物像が明らかになります。単なる給与査定のためだけでなく、人事の観点からもこれまで見えてなかった能力や性格傾向が把握できることで適材適所な配置に反映が出来ます。また、部下からの評価も取り入れることで本人の指導力向上の材料とすることも出来ます。反面、同僚や部下を評価者とすることで評価に感情的な要素が反映されすぎてしまったり、社内政治の材料とされてしまうおそれもあります。こうしたデメリットを抑制し、公正な評価を実施するための制度設計が成功の鍵となります。

効果的な制度導入へのサポート

当社は、運用が難しく思われる360度評価制度を効果的に運用させるための制度設計をお手伝い致します。「人材育成に対するビジョン」「現状の問題点」などをヒアリングし、360度評価制度に限らずお客様に適した評価制度を提案致します。会社と人材育成方針のビジョンを明確化した上で、評価者の範囲設定や評価項目の整理、帳票の作成、評価者への研修、フィードバック仕組み構築などの制度設計を行い、公正かつ効果的な評価制度の導入、運用、定着をサポート致します。