ヘッダー画像

助成金活用

中小企業の強い味方!
助成金活用ノウハウを提供!

人材育成や業務改善のための制度整備に力を入れたくても、多くの中小企業にとっては
その資金を捻出することが悩みの種かと思います。
そうした中小企業を支援するため、国や地方自治体が様々な助成金・補助金を設けています。

当社は顧客の皆様がどのような助成金を受けられる可能性があるかや、煩雑な助成金申請手続きについてアドバイスを行っているほか、
各種助成金の目的に即した人材育成制度の整備についてコンサルティングを実施しています。

また、当社の経営改善、人材育成等に関するコンサルティングをこれらの助成金受給の対象となる人材育成制度の導入支援と合わせて実施し、
お客様側での費用の実費負担を抑えるご提案も致します。

当社で導入を支援している主な中小企業向け助成金

助成金内容助成額
人材開発支援助成金-教育訓練休暇コース従業員が社外の研修や資格試験など、職業能力向上を目的とした機会に自発的に参加するための休暇を取得できる制度を導入した場合助成。30万円
(生産性要件達成で36万円)
人材開発支援助成金-訓練コース業務に関連した専門知識や技能習得を目的とした研修に従業員を参加させた場合、その費用と賃金の一部を助成経費助成率、1時間当たりの賃金助成は会社の規模や研修内容により異なります
人材確保等支援助成金-人事評価改善等助成コース自社の生産性向上を目的とし、人事評価制度と2%以上の賃金アップを含む賃金制度を整備した場合助成。制度整備助成-50万円
目標達成助成(生産性向上、賃金2%アップ、離職率低下)-80万円
人材確保等支援助成金-介護・保育労働者雇用管理制度助成コース保育・介護事業者が、従業員の職場定着を目的とした賃金制度を整備した場合助成。制度整備助成-50万円
離職率目標達成-57万円(1年後評価)、85.5万円(3年後評価)
キャリアアップ助成金
(正社員化コース)
有期契約労働者等を正規雇用労働者等に転換または直接雇用した場合助成有期→正規で1人あたり57万円(生産性向上達成で72万円)
いばらき産業大県創造基金事業
(ものづくり応援プログラム)
ISO9001、14001などISO規格など販路拡大に向けた取り組みに対し助成経費の3分の2以内(最大100万円)
ものづくり補助金中小企業が取り組む、革新的なサービスや試作品開発にかかる経費を補助する補助金「革新的ものづくり開発支援:一般型(平成29年度版)」補助上限額1000万円、補助率は総事業費の2/3以内