1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジョン達成型360度評価制度①

ビジョン達成型360度評価制度①

今回から、新しいテーマとして「ビジョン達成型360度評価・賃金制度」について説明していきたいと思います。今までの人事評価・賃金制度は、評価をして賞与や給与に反映させる役割が主体でした。しかし、それだけでは、会社の業績にはなかなか結びつかないのが実態です。
 そこで、今回紹介するのは多くの企業で取り入れて数々の実績をあげている、「ビジョン達成型360度評価・賃金制度」です。この制度は、

① 会社のビジョン・業績を達成
② 従業員を上司・部下・同僚・顧客が客観的に評価・育成
③ 公平な賞与・給与に反映しモチベーションアップ

上記の3つの目的を達成するための制度です。ぜひ、御社の業績と人材の両方を同時に向上させるために、ご検討いただいてはいかがでしょうか。

人事・評価制度の目的は、人材を育成し会社の業績を高めていくことにあります。そのためには、会社の一番重要な経営資源である人材の育成が最優先課題となってきます。従って、従業員の質を高めるのですが、どの方向に高めてもいいと言うわけではありません。会社の持つ経営理念やビジョンに沿った人材育成が、会社で力を発揮できる有能な人材ということになります。
 そこで、この制度では、会社の理念・ビジョンを明確しその内容を実現できる人材を高く評価し、育成・定着していくことを大きな目標としてとして活用していきます。

今回の評価・賃金制度の効果として5つあります。

その1番目が「目的を共有した組織」です。これは、組織力を発揮する上で大切なことは、個々の従業員がバラバラに働くのではなく、組織のたてたビジョンや目標に向かって仕事をすることで大きな力を発揮することです。

2番目は、組織を牽引する上で重要な「理想のリーダーが育成できる」ことです。職場の業績は、リーダーで決まると言われていますが、リーダーが会社のビジョンや目標をしっかり理解し、部下と一緒に達成できることが大変重要になります。

効果の3番目は、「成長意欲を持った従業員」を増やしていくことです。会社に言われたことだけしかやらない従業員の多い会社は発展しません。自ら、どんどんと新しい事にチャレンジして成長していく人を高く評価し、育成することで会社も従業員も両方とも向上していくことが可能となります。

4番目は、「求める人材が採用できる組織」です。必要な人材不足の中で会社のビジョン・目標を明確しそれを内外に発信し実績を上げることにより、望んでいる人が集まる組織になってきます。会社の質が上がればそれに比例して応募者の質も上がります。

効果の5番目は、「女性が活性化できる」ことです。現在少子高齢化で、男性社員だけでは人材不足を補うことができません。そこで、女性の活躍の場を作り力を発揮していただく職場作りが重要となってきます。そのために、今回の360度評価・賃金制度を活用して、女性の特徴を活かした職務の割り当てや育成を行い、公平な評価と賃金を提供することで、女性が生き生きと働ける職場を作っていきます。

成功事例にもあるように、多くの職場でこの制度を活用して、女性を戦力として育成し、大きな効果を上げています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

カテゴリー